抜かりの無いところがすごい。

愛犬のタローのために大好きなえさを
いろいろ調べてみるわけです。
購入してみてそこから材料をしっかりと吟味・・・
と言いながらも裏の成分表を見ながら
また調べる毎日・・・なんですけどね。

もちろん材料うんぬんもそうなのですが、
くいつき方やど残し方などもしっかりとチェックします。

また食べるだけではなく、排泄物からもしっかりとチェックします。
やっぱり形が良くて色もしっかりとした排泄物をしているものというのは、食事もしっかりと栄養がとれているという事がわかりますので、かなり参考になります。

私の今までの経験上からなんですけど、
大便の具合が悪いものはどんなに美味しく
食べていても必ず消化不良起こすというのがわかります。
これは人間と同じなのですが、
犬の場合は受け付けなかったら、口から吐き出し
そうならなかったとしても、排泄物見ればよくわかるのです。
いいドッグフードとはこういったところもやっぱりぬかりないんですよね。

タイミング

ドッグフードにこだわりを持つようになってからペットショップに行ったら真っ先に目につくのは、ドッグフードのことばかり。

もちろんネットなどで調べてみても、いつの間にかサーフィンをしているのは、犬のえさのところばかり。

しかし、よくよく見てみると、犬のえさが充実しているところというのは猫のえさや鳥のえさなど他の動物たちのえさにもこだわりを持っていたり、内容がとてもよかっりします。

やはりそういうところにこだわりを持っているショップやネットサイトというのは本当に動物のことを考えているのでしょうね。

また、動物園の飼育スタッフの方々が書いているブログなども本当に参考になります。どういったものを与えるかというよりも、どういうタイミングで与えるかということが大切だとか本当にためになることばかりです。

私の子供もあまりおやつばかり与えると夕食を食べれなかったりするのですがそれと同じでタイミングというのは本当に大切だとつくづく思います。

やっぱりタイミングというのも考えていかなければならないのでしょうね。